■デジカメ入門☆使い方・使いこなし&撮影テクニック教室 >> 撮影術 - 基礎編 TopPage 




写真上達のコツ



『撮影』 は撮影者の技量で、『作品』 は技量+感性の結果です





『撮影』 は、誰でも必ず上手になれます

”撮影” とは人間が行う行為のことですので、これには経験や技量が伴って、明らかに上手い・下手が存在します。
例えば旅行に出掛けて記念写真を撮った時、手ブレをしていたり、逆光で顔が真っ黒になっていたり、背景にピントが合って人物がぼやけていたりすると、普通誰が見ても、その写真は ”失敗” だと判断します。
でも、技術的な原因の失敗というのは、カメラの基本を覚えて適切に扱えるようになれば回避できるものばかりです。
ですので、写真撮影は誰でも必ず上手になれます

一般に 『写真が上手い』 と言われる人は、色んな撮影を経験して、状況毎に適切な撮り方が出来る人、ということだと思います。
もちろん、そのためには、それなりに経験を積むことは必要になると思うのですが、経験さえ積めば必ず上手になれます
そして こちらのページ でも少し書きましたが、デジタルカメラの場合は、どんなに失敗しても、撮るだけならコストはゼロです。

写真撮影は、撮れば撮るだけ、経験を積めば積むだけ、必ず上手になります。
ぜひたくさん撮って、まずはいろんな状況に慣れることから始めてみてください。



楽しく自分のペースで研究を重ねましょう

デジカメの進化は凄まじく、キレイな写真を撮れる確率が格段に上がっているのは事実ですが、しかし 『シャッター押すだけ簡単キレイ』 と言っても、それが全ての条件に当てはまるわけではありません。
カメラを始めて最初の内は、きっと色んな失敗に巡り合うと思います。
でも、技術的な失敗は、経験と研究を重ねることで必ず上達します。

そしてその次は、決して失敗じゃないのだけど何となく自分では納得できない、と思える写真も出てくると思います。 そこから先は、技術というより感性の領域だと思うのですが、デジカメが本当に面白くなるのは、実はそこから、だと、kenkenは思います。
そして、その感性も、経験を積むことで必ず磨かれると思います。


デジカメは、家族や仲間たちとの大切な思い出を残す最良のツールであると同時に、撮影者の感性やイメージを表現するための素晴らしいツールでもあります。

美しいと感じたもの、ちょっと気になったもの、自分の感性が感じるままにシャッターを切って、楽しく表現を楽しんでください。







 

新記事:PLフィルタで色調豊かな写真にしましょう☆ 比較GIF







[ステップアップ] デジカメ使いこなし教室!